スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

株 損切りの重要性

株式投資をするにあたって一番重要な手法は損切りです。思惑がはずれたトレードはさっさと手仕舞い
してください。
そうでなければ、損失が拡大し再起できないくらいの損失を抱えなければならないケースも出てきます。
損切りは早く、利食いは遅くが株式投資で儲ける鉄則ですが普通の人はこれと反対のことをしてしまいます。
それは人間の心理に反する事なので難しいのでしょう。

追記を表示

株式 買い方、購入法

株の買い方について、はじめにやらなくてはいけないことは、証券会社を選ぶことです。
手数料や、サービス内容、取り扱っている投資商品などを
必ず確認し、検討してから自分の投資の方法にあった証券会社を選ぶようにしましょう。
株式投資には方法がいくつかあり、通常の株式投資の他に、
株式ミニ投資、デイトレードなどによって、証券会社の選び方が異なってくるのです。
株式ミニ投資を扱っていない証券会社もありますし、デイトレードのような
一日何度も投資をする方法には通常の手数料だと損をしてしまうのです。
ですから自分のあった証券会社選びはとても重要なことなのです。



追記を表示

株 手数料

株式投資は『株式売買委託手数料』を必要とします。
株を購入する時は、株式売買委託手数料と消費税5%がかかります。
また株を購入したら、必ず売らなくてはいけないので、かかる手数料は往復分となっています。

『株式売買委託手数料』とは売買代金×手数料率(売買代金や証券会社によって異なります)
のことを指します。

追記を表示

日経平均と株

日本の株式市場における株価指数の一つ、日経平均株価。別名ダウ、ダウ平均。
東証一部上場企業から225銘柄を選び、その株価の単純平均を日本経済新聞が算出、発表しているものです。
225の銘柄は毎年見直され、権利落ち(権利確定日を過ぎて配当などが得られない状態)を調整しつつ、
連続性のある株価の動きをはじきだします。

 株式取引を行っている人は、この日経平均株価をチェックしています。
たったの225銘柄でなんて思ってしまうかも知れませんが、
現在の株価を知るのにはとても便利な指数です。
 ですが、日経平均を過信してはいけません。
単純平均なので、発行枚数が少なく値段の高い銘柄があると、その銘柄に大きく左右されてしまいます。
権利落ちによる調整で現実的ではない数値がでることもあるので、覚えておきましょう。

追記を表示

株の達人

会社を経営するためにはいろいろとお金がかかります。
資金を出してくれた人に、会社が発行する有価証券を株式といって、
持っているだけで配当金などの利益が得られます。

でも株式の真骨頂は売買。日々変動する株式の値段とにらみ合い、
安く買って高く売れば、その差額分儲かります。
ミニ株やネット株の登場で、株取引はとても身近なものに。
隣の主婦やニートが実は株の達人だった、なんていう話も珍しくはないのです。
昨今の株価値下がりでここが投資チャンスとばかり株を買う人がだんだん増えてきました。

 始めるにあたって、まず必要になるのが銀行口座。
株式用の口座を証券会社で開設する必要があります。
口座管理料や取引手数料などを見比べて、お好みの証券会社を選びましょう。

追記を表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。