スポンサードリンク


投資情報サイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://shitekabu903.blog87.fc2.com/tb.php/15-f23b47d6

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

アメリカ 株 米国株

アメリカ株の下落により日本経済もかなり難しい状況になってきました。
24日の株式市場は800円も下落し平均株価はついに7600円台に突入しました。
アメリカ株はリーマン破綻、AIG国有化のあとはシティーグループやモルガンまで次の
候補とみて依然下値のメドがたっていません。

アメリカの相場は日本の相場を映す鏡だと言われています。
ニューヨーク証券取引所やナスダックの動向をチェックしている人も少なくありません。
米国の株式市場の規模はとても大きく、世界の株式市場時価総額の約半分を占めているのが現状です。

 米国の株式市場ではワールドワイドに事業を展開している優良企業が多く、
世界中の投資家の注目の的。当然、日本人投資家も数多くいます。
インターネット証券の登場で、日本人投資家の米国株への視線は、ますます熱いものになっています。


スポンサードリンク


インターネット証券を利用する場合なら、日本株も米国株も大きな差はありません。
口座を開設する際には「W-8WEN(アメリカ非住居者登録)」を行いますが、
手続きは専用の用紙数枚に記入するだけです。
アメリカのインターネット証券に口座を開設することもできますが、
英語力が必要になります。

 米国株の売買方式は、ニューヨーク証券市場が東証と同じ「オークション方式」を、
ナスダックは「マーケットメイク制」を採用しています。
銘柄ごとに存在するマーケットメイカーの提示条件に合えば売買できます。

 米国の株式市場には日本のストップ高、ストップ安のような値幅制限がありません。
日本の市場よりもアグレッシブな株取引を楽しめるのですが、その分危険度は大なので
充分に注意をしてください。



スポンサーサイト

スポンサードリンク


この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://shitekabu903.blog87.fc2.com/tb.php/15-f23b47d6

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。